効率良くヘモグロビンa1cを下げるには?無理なく手軽に下げる方法を徹底解説!

ヘモグロビンa1c 下げる

ヘモグロビンA1cとは何なのか

 

みなさんはヘモグロビンと言うものについてどれだけのことを知っているでしょうか。ヘモグロビンは知っていたとしても、ヘモグロビンA1cについてはあまり知らなかったりするかもしれません。血液検査の結果を見てみると、「HbA1c」と表示されているものを見つけることが出来ます。この値が高くなっていると、いろいろな病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

そんなヘモグロビンA1c(HbA1c)というものについて詳しくみていきましょう。ヘモグロビンA1cとは、別名グリコヘモグロビンとも言われていて、血管の中でヘモグロビンがブドウ糖と結合したものとなります。糖尿病の人はこの値に注意しておくことが多いですから、よく知っているかもしれませんね。

 

赤血球の中にあるタンパクのヘモグロビンというのは、体の中を巡り酸素を供給しながら段々とブドウ糖と結合していきます。だから余っている糖が多いければ多いほどヘモグロビンA1cが増えていくというわけです。このヘモグロビンA1cの値でどんなことが分かるのかというと、自分の血糖状態が分かるのです。HbA1cの値が高いという状態である事は血液中のブドウ糖が多いということ、すなわち高血糖であるという事を表しているのです。

 

赤血球の寿命というのはだいたい120日であると言われています。その間ヘモグロビンはちょっとずつ血管内のブドウ糖と結びついていって離れる事はありません。要するにHbA1cの値は、赤血球の寿命の半分ぐらいの時期の血糖値の平均を反映しています。そのために血液検査で分かることの出来るHbA1c値は、検査をした日の1〜2ヶ月前の血糖の状態を推定出来るものとなります。こういったことからHbA1c値から日頃の生活習慣が表れるだろうと言われています。

 

ヘモグロビンa1cが上がる原因は?

 

過去1〜2ヶ月間における血糖値の状態を知るための数値としては、「ヘモグロビンa1c」が使われています。糖尿病患者の方はよくご存知のことでしょう。これも「血糖値」と同様、数値が高くなり過ぎてしまうと問題が出てきます。また糖尿病患者さんの中には10を超えてしまうような人もいたりします。そして血糖値同様になかなか下がらない状態が続いていると悩む人もたくさんいらっしゃるようです。

 

この「ヘモグロビンa1c」というのは、どうして上がってしまうのでしょうか。血糖値が必要以上に上がってしまう原因は、炭水化物や砂糖などの糖分を摂り過ぎてしまうことが一番大きな原因のようです。これは「ヘモグロビンa1c」が上がることについても同様のことが言えます。

 

糖分を摂り過ぎてしまうことで「ヘモグロビンa1c」が上がってしまうのです。「ヘモグロビン」というのは、赤血球中にあるタンパク質のことを言います。このヘモグロビンは酸素とくっついてしまうような性質を持っています。私達が普段して当たり前のように行っている「呼吸」によって、空気中の酸素を体の中に取り込んでいるわけなのですが、その酸素を体の中の細胞に運んでくれているのは、赤血球にあるヘモグロビンなのです。そしてそのヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものが「ヘモグロビンa1c」です。血液中に余分なブドウ糖が多ければ多いほどに、ヘモグロビンにくっつく割合も多くなっていき、その結果「ヘモグロビンa1c」の数値も上がっていくのです。

 

つまり「高血糖」であるならば、それに比例して必然的に「ヘモグロビンa1c」の数値も上がっていくのです。そうなのであれば、「血液中にブドウ糖が多すぎる」ことが原因となるのですから、その根本原因となっている「糖分の過剰摂取」を改める必要が出てきます。

 

ヘモグロビンa1cと糖尿病の関係

 

ヘモグロビンa1cの数値というのは、単純な血糖値とは異なってきます。過去1〜2ヶ月の間に血糖値の状態がどのようになっていたのかを見ていく数値になりますから、血糖値と合わせて診断に使われるものとなります。何の診断に使われているのかと言えば、糖尿病になっているのではないか、糖尿病の治療が上手くいっているのかどうかといったことです。

 

そんなヘモグロビンa1cと糖尿病との関係性についてみていきましょう。ヘモグロビンa1cの高さというのは、一定期間血糖値が高いことを示すものです。血糖値は食後すぐに測定したり2〜3日不摂生をしていれば高く出てしいまうものです。また時には久しぶりに食べたケーキが血糖値にすぐに反映されてしまうということもあります。そんな一時のことで糖尿病かどうかを診断するというののは非常に危ういことなのです。

 

そこで重視されてきたのが、ヘモグロビンa1cの数値となります。ヘモグロビンa1cであれば、過去1〜2ヶ月の血糖の状態の平均値が出てきますから、一定期間にわたり血糖値が高い状態であったかどうかが一目で分かります。これから糖尿病かどうかの診断に確実性が出てくることでしょう。

 

さらに既に糖尿病の人においても、一定期間にわたる治療が効果を見せているかどうかということが分かります。糖尿病は、放置していたり治療が上手くいかなかったりすればどんどん進行してしまいます。対策を上手に進めていくためにも、ヘモグロビンa1cは有効なのです。

 

糖尿病かどうかの診断、もしくは糖尿病の治療が効果を出しているかを診ていくためにも、ヘモグロビンa1cに加え血糖値の結果が参考にされます。糖尿病にも血糖値が高いだけの状態にもそれぞれ段階があって、ヘモグロビンa1cと血糖値その両方の数値より個々に今後の対策を判断していく必要があります。

 

ヘモグロビンa1cを下げるには?

 

糖尿病と判定したり、改善の具合をみるために最も大切となる数字がヘモグロビンA1cとなります。この数字を5.8%未満にキープしていれば、合併症といったものとは一生無縁となるでしょう。ですからヘモグロビンA1cの改善は絶対に達成していただきたいものです。ヘモグロビンA1cの改善については、カロリー制限だけではなくて糖質の制限あるいは糖質のコントロールによって行っていきます。

 

大まかなヘモグロビンA1c改善への道のりについて3つに分けてみていきたいと思います。

 

まず1つめが自分の現在の状況を自覚するということです。まずはヘモグロビンA1cの判定基準を確認してみて下さい。正常値というのは5.8%未満になっているのですが、自分自身は今どの位置にいるでしょうか。自覚症状がないのが糖尿病ですから、自覚していくことが改善へとつながっていきます。

 

2つめは空腹時血糖値と食後2時間についての値を2〜3ヶ月の間測定することです。ヘモグロビンA1というのは、すぐに改善されることはありません。初めに改善させてしまう必要があるのが、食後2時間の血糖値となります。食後2時間の血糖測定を行っていきながら改善していきます。

 

そして3つめが同世代の平均値をキープすることです。食後2時間の改善方法を繰り返していくと、空腹時血糖値の改善も見られていくでしょう。そして3ヶ月経った頃にはヘモグロビンA1cがぐっと下がっているはずです。それらを踏まえて、これからはヘモグロビンA1cの値を正常範囲内でいられるようキープしていくことを目指していきましょう。またもし改善出来たのならば、出来るだけ同世代の健康人の数字を目指していくようにしましょう。

 

ヘモグロビンa1cを下げる食事の仕方

 

検査結果を見てヘモグロビンa1cの数値が気になりだしたという人は、その日から食事が与える影響について考え出す人もいるのではないでしょうか。ヘモグロビンa1c値と食事との間には、どんな因果関係があるのでしょうか。

 

ヘモグロビンa1cの数値は、赤血球の寿命のおよそ120日間の中の半分に該当している期間の平均した血糖値になります。したがって血糖値が高い状態が長く続いていると、これに連動するようにヘモグロビンa1cもどんどん高くなっていくのです。逆の発想をすると、血糖値を高くしてしまうような食事は避けるようにして、その反対に血糖値を下げるような食事をすること習慣にすることが出来れば、自ずとヘモグロビンa1cの数値は下がっていくと言えるでしょう。

 

そういった意味からも、低GI値の食品をどんどん取り入れていくのはとてもおすすめです。GI値が低ければ低いほど、食事の後の血糖の上昇が緩やかになり、血糖値を低く抑制することが出来やすくなります。低GI値の食品には玄米が該当します。普段の食事で白米を食べている人は、低GI食品の玄米に変えただけで血糖値の上昇を緩やかに出来るのです。

 

玄米以外にもGI値の低い食品はたくさんあります。調味料であればオリーブ油などがそうです。普段使う油をオリーブ油にするなど、ちょっとしたことから始めてみるのが良いでしょう。ただやみくもに低GI食品を摂るということではなく、カロリーや栄養バランスも充分考慮した食生活を心がけていきましょう。また血糖調整作用のある栄養を摂るよう心がけることも大切です。最近人気のあるものでは、サポニンやピニトール、クロムなどがあります。

 

ヘモグロビンa1cを下げるために摂りたい栄養は?

 

ヘモグロビンa1c値を下げるということは、生活習慣病予防などの上で非常に必要性のあるものだとされていますが、そうする為には食後の血糖値を低下させるということが重要であり、そもそも糖尿病は食後の血糖値が高くなって下げることが出来ないといった病気であることを覚えておくといいでしょう。またヘモグロビン値を下げることによって生活習慣病予防に繋がるということも知っていてください。

 

まずサプリメントによって血糖値を下げる効果が期待出来るものと言えば、食物繊維を主成分にしたものであり、腸内で糖分の吸収を妨げるので血糖値が急激に高まることを防ぎます。サプリメントで血糖値を下げるということ以外にも特定保健用食品であり黒ウーロン茶を飲むなんていう方法もあり、血糖値が低下すればヘモグロビンの数値も低下するので病気を発症する危険性ももちろん低下します。

 

糖質というのは食事から取り入れれば小腸によって吸収されてエネルギーになりますが、多くなれば中性脂肪となって蓄積されるので吸収を遅くする必要がありますし、さらに有酸素運動をすることによって血糖値というのは改善していきます。糖尿病になると透析治療を一生しなければならない状態になることもあり、当然命にも関わってきますので、とにかく糖尿病を発症する前に血糖値を意識しておく必要がありますので、自分のヘモグロビンa1c値に関しては定期的に検査をして把握しておくことが大切です。まずは検査して数値を把握しておくようにしましょう。

 

ヘモグロビンa1cを下げる酵素とは

 

血糖値やヘモグロビンa1c値が高いことで血液や血管、さらに各器官に障害も出してしまう恐れもある糖尿病を引き起こしてしまう可能性が高いです。治療によってこれらの数値を下げるのですが、さらに体重も減らすことで血液をサラサラにします。もちろん食事療法を行いますが、その食事療法の中で酵素を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

酵素とういのは体内に存在するものであり、酵素によって食べ物が分解されて合成されるので生きる上で非常に重要な役割をになっています。食べ物には多くの栄養素が含有されており、それぞれがエネルギーになったりしていきますが、その栄養を機能させているのが酵素ということです。つまり酵素がないと栄養を体内に取り入れることが出来ないので、生きていくことが出来ないということです。

 

ただこの酵素の量に関しては加齢によって減少していき、働きも鈍くなっていきます。同時にアミノ酸を摂取や分解出来る量も減少します。また生活習慣が悪いことで酵素の働きが悪くなることもあり、糖尿病になり血液がドロドロの状態だったら酵素は働けていないと考えてください。

 

ただ糖尿病の治療においてどうして酵素がいいのかという理由については、血糖値だけではなくヘモグロビンa1c値も下げることが可能であり、さらに体重も減らしてくれるという効果があるからです。血糖値低下だけでしたら別の成分でも効果を得られるものがありますが、ヘモグロビンa1c値を下げるというのは難しいので、ヘモグロビンa1c値を下げたいのでしたら酵素を取り入れるようにしましょう。継続的に摂取して数値の改善を図るようにすることが大切です。

 

ヘモグロビンa1cが高いと脳卒中のリスクも高まる…

 

過去1〜2カ月の間の血糖値の平均を反映しているのがHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)です。この値が高くなってしまうと、心筋梗塞や脳卒中の危険性が強まってしまうと言われています。国立がん研究センターと東京女子医大等のチームによると、HbA1cの値が高くなってしまうと心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まっていくのです。

 

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)によると、HbA1cといのは赤血球に含まれているヘモグロビンにブドウ糖が結びついてできたものであり、赤血球の寿命が長いために、過去1〜2カ月の血糖状態を把握することが出来るのです。国立がん研究センターによると、HbA1cが6・5%以上であるという人は5・0〜5・4%の人に比べると、心血管疾患になるリスクが1・8倍だったという報告があります。それからこの調査結果によると、ヘモグロビンA1c(HbA1c)が高い場合に限らず、低い場合においても脳梗塞や心筋梗塞のリスクは高まるようです。

 

心血管疾患を虚血性心疾患、脳梗塞、脳出血に分けて分析してみたところ、虚血性心疾患はHbA1cが高いければ高いほどリスクは高まっていくのに対し、脳梗塞や脳出血においてはHbA1cが低い群と高い群においてリスクが高くなっているということが分かったのです。

 

虚血性心疾患はHbA1cが高くなっていくほどにリスクが高くなっていて、脳梗塞や脳出血においてはHbA1cが高い場合に限らず、低い場合においてリスクが高くなっているようです。それではどうしてHbA1cの値が高くなると、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まってしまうのでしょうか?その理由として、研究チームである後藤温東京女子医大助教は「HbA1cが高いと動脈硬化が進んでいき、心筋梗塞等の危険を高めてしま、といったように考えられると言われています。